コンテンツ

水の元栓を閉めてから水道修理を依頼する

家のどこで水道修理が必要な水のトラブルが起こりやすいのか知ることも大事ですし、もしもトラブルが起きたとき、自分でできることは何なのか知ることでトラブルを最小限にすることもできます。

■トイレで水のトラブルが起きたとき

トイレは特に水のトラブルが起こりやすい場所です。水を使う箇所がたくさんあるのも理由のひとつかもしれません。もしも接続している管から水が漏れている場合、管そのものが劣化したことによって水が漏れている可能性がありますし、接続に必要なゴムパッキンが壊れている可能性も考えられます。
まずは水の元栓を閉めて様子を見てみましょう。おそらく水漏れはそれ以上起こらないはずです。ただし、また元栓を開けば水が漏れてしまうでしょうから、元栓を閉めた状態で専門業者へ連絡を入れましょう。この場合は部品の交換修理を施すことでトラブルが解消されるケースがほとんどです。

■給水管から水が漏れてしまう場合

水を供給するための管なので、水が漏れてしまうと水道が使えなくなってしまう恐れもあります。給水管は劣化によって水漏れトラブルを起こしやすいと言われていて、特に井戸水から引いている場合は井戸水の成分によって給水管の中に錆びが出やすいことから、錆びた部分から劣化が進んで、そこから水漏れトラブルが生じてしまいます。
給水管は場所によって見えにくいところにあり、気づいたときには被害が拡大していることもあるので、できる限り早く水のトラブルに気づくことが大事です。以前に比べて水道料金が高くなったのが気になるというのであれば、給水管で水漏れが起きている可能性があるかもしれません。

■まとめ
水道修理には状況によって時間も修理代もかかってしまいます。できるだけ被害が大きくならないように気を付けるためには、早くトラブルに気づくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ