コンテンツ

給湯器のトラブルは水道修理が早急に必要なのか

給湯器からお湯が出てこないとき、これまで普通に使えてたわけですから焦ってしまいます。なぜお湯が出ないのか、原因を探っていきましょう。また、水は出るけれどお湯にならないトラブルの原因も同時に追求します。水道修理が必要なのかどうか気になるところです。

■お湯が出ないときに考えられること

まずはどこかで水が漏れている可能性です。給水管で水漏れが起きている場合は給水管の中の水圧が低くなってしまうため、給湯器まで水が届かない状況なのかもしれません。
また、元栓にあるバルブの故障などによって不具合が起きていると、水が流れてこなくなります。もしもマンションやアパートのような集合住宅の場合は、減圧弁に何か不具合が起きていることも考えられます。季節柄、外気温が極端に低くなる時期は給水管の中の水が凍って凍結したことで水が供給されなくなることもあります。

■お湯が出ないトラブル

家の中の水回り全てをチェックしてみたところ、どこでも水が出る状態でありながら給湯器からお湯が出ないというトラブルは、給湯器そのものが故障している恐れがあります。この場合は給湯器を交換することで問題を解決できます。そのほか、減圧弁や逃し弁などが故障したことで、お湯が出ないという可能性も考えられます。
また、止水栓が何かの拍子で閉まってしまったことでお湯が出ないこともあるので、一度止水栓がどんな状態になっているのか確認してみてください。そのほか、うっかりコンセントが抜けていて水は出るけれどお湯が出ないという状況も考えられます。

■まとめ
給湯器のトラブルは水道修理を依頼する状況がほとんどですが、中には水道工事による断水や電源が入っていなかったなどのうっかりもありますから、まずは慌てずに状況を確認していきましょう。それでもお湯が出ない場合は専門業者を頼りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ