コンテンツ

配管から水が漏れたら水道修理が必要になるのか

水回りに関するトラブルはいつ、どのタイミングで起こるか分からないからこそ、万が一に備えて役立つ情報をインプットしておくことが大切です。例えば、水道回りの配管で修理が必要な状況になるトラブルに関する豆知識も知っておくといいでしょう。

■接続に使用される配管から水が漏れている

水回りのトラブルでもっとも多いと言われているのが水漏れですが、管と管とつなぐために使われている接続管と呼ばれるところから漏れることもあります。この場合、管をつなぐために使われているナットなどの部品がゆるんでいる可能性が高いこともありますし、場合によって中にあるゴムパッキンが壊れている恐れもあります。
部品が壊れているときは部品を交換すれは水漏れのトラブルが解消されますし、ナットが緩んでいるのであればナットを締め直すことで状況が改善されます。

■給水管から水が漏れることもある

給水管とは、その名の通り水を供給するための管です。一般的にこの給水管から水が漏れるトラブルはそれほど多くないと言われていますが、使用されている管の素材によってトラブルが起こりやすいことが分かっています。
給水管に使われているのがニップル管と呼ばれているものですが、この管が錆びてしまうと、錆びた部分から劣化が進んでしまい管に亀裂が入ります。そこから水が漏れるというトラブルが給水管では一般的です。給水管は見えにくい場所にあるので、チョロチョロと水が漏れている程度だとすぐに気づきにくいものですが、掃除をするときなど、その都度気にかけて給水管の様子をチェックするといいです。

■まとめ
特に水漏れトラブルは一般的に起こりやすいものですから、我が家は大丈夫と思い込まずに水回りで水が漏れていないかどうか確認しておきましょう。水が少しずつ漏れているときは気づきにくいので要注意です。水道修理が必要な場合は早めに専門業者へ相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ